無事に出産が終わり、赤ちゃんが誕生して一段落つく頃にやってくるのが内祝いです。さまざまな立場の方から頂くことも多く「失礼のないようにお返しをするには?」と、迷うこともあるでしょう。また、赤ちゃんの名前をお披露目する場ともなりますので、ママとしてはしっかり準備しておきたいですね。そこで今回は、一般的な内祝いのマナーや抑えておきたいポイントについて詳しくみていきたいと思います。

内祝いとは?

内祝いの意味は、昔と今では違っています。以前は、子供が生まれたお披露目の意味合いが強く、元気に生まれた喜びを込めて親戚や縁者・友人などに配るものでした。また、お宮参りの後に赤飯や紅白餅を配るという場合もあったようです。しかし、最近では出産祝いをいただい方にのみお返しをするといったスタイルに変化してきました。

内祝いの時期や、目安の金額は?

生後1ヶ月前後からが目安で、遅くても2ヶ月までには完了させましょう。しかし、この時期になっても赤ちゃんとの新しい生活のリズムに慣れていなかったり、予防注射やお宮参りなどでバタバタする時期と重なるため、プレママ時代から品物の目星をつけておくことをおすすめします。また、金額の目安としては、頂いた物の金額やお祝い金の半分から3分の1程度と考えておけば間違いありません。この時、少なすぎるのはもちろんマナー違反ですが、貰った額の半分以上のお返しをすることもまたルール違反です。相手への感謝の気持ちを奮発しても、戸惑われる方も多いため、予算内で出来る限りのことをするのがベストな選択といえるでしょう。

どんなものをお返しするのがいいの?

双方の両親や親戚、会社の上司や友人など多方面から頂く出産祝いのお返しは、本当に気を使いますね。ここでは、タイプ別に分けて内祝いに何がふさわしいのかをみていきたいと思います。

  1. 双方の両親
    日頃の両親との関係にもよりますが、オープンな関係であれば何がいいのか聞いてみるのもいいですね。「子供のために使いなさい」といってくれる場合には、貯金や積立をしてきちんと報告をするといいでしょう。また、リクエストがあった場合は感謝の気持ちを込めてきちんとお返しの品を送り、しっかりと感謝の気持ちを伝えることが大切です。しかしあまりに高額なお祝いを頂いた場合は、3分の1以下の予算でも問題ありません。
  2. 親戚
    身近な親戚であればある程度好みも把握しているでしょうから、頂いた額の3分の1程度のギフトをお返しするといいでしょう。遠方の親戚であれば、地域の習慣が違う場合もあるのでチェックしてから準備するほうが失敗がありません。
  3. 上司
    自分の会社や、夫の会社の上司から頂くこともあるでしょう。これからの関係もあるため贈り物は慎重に選びたいですが、好みを把握できていない場合もあり苦戦することも多いですね。タブーなのは、下着や刃物を贈ることで、下着を替えないほど困っていると思ってるや縁を切るとといった意味合いがあり注意が必要です。好みがわからない場合はカタログギフトがおすすめです。最近では、自分たちが選んだものをカタログギフトにすることができるなど面白いサービスもありおすすめです。また、会社で渡すと出産祝いを頂いていない方への督促と捉える方もいるため、送り先は会社ではなく自宅にするなど配慮が必要です。
  4. 友人
    気軽な友人であれば、赤ちゃんのお披露目を兼ねてランチパーティーなどを開くのもおすすめです。ギフトでお返しするなら、友人の好みにあったものを選んで3分の1から2分の1程度のお返しをすると失敗はありませんね。

内祝いに貰いたくないもの

気持ちを込めて、あれこれ選んでも喜んでもらえないと苦労は報われないだけでなく、自分たちの評判も落としかねません。そこで貰って困る内祝いランキングを参考に、NGな内祝いをみていきましょう。

  1. 好みに合わない小物や雑貨
    好みに合わないものを貰っても、使いみちに困ってしまいますね。また、気持ちのこもったものは処分するのもためらわれるため、敬遠されがちです。
  2. 好みではない食べ物
    自分が好きな食べ物でも相手にとっては迷惑になる場合があります。もし、食べ物を贈る場合は、相手の好みをリサーチすることをおすすめします。
  3. 名前や写真が入ったギフト
    生まれた赤ちゃんの可愛さを知って欲しくて写真入りや名前入りのグッズを贈る方もいらっしゃいますが、貰う立場からは「食べ物はいいけど、マグや写真立ては本当に置き場に困る」といった意見も聞かれます。結婚式の引き出物で、新郎新婦の写真がついた食器頂いたら・・・。と考えると気持ちを想像しやすいかもしれませんね。

お礼状はいるの?

最近ではインターネットで注文して、直接相手のお宅へ配送してもらうことも多いですね。しかし、この時に迷うのはお礼状です。年配の方になるほどお礼状へのチェックが厳しくなる傾向にありますので、しっかり準備しましょう。内容は、季節の挨拶に続いて文章の前半にはお礼や報告、後半には近況やこれからもよろしくお願いしますといったお願いを入れ、最後に結びの一文、名前や住所などを入れて出来上がりです。

その人の立場になって考える

お礼の気持ちを自分なりに伝える気遣いや、生まれてきた赤ちゃんをお披露目したい気持ちはわかりますが、内祝いを選ぶ際はあくまで相手の立場に立って考えることが大切です。マナーを守り、相手の好みや事情を踏まえた上で内祝いを選べるようプレママの時代から少しずつ準備していくことをおすすめします。