ベビー服は、デザインがとても可愛いので、これから生まれるであろう自分の赤ちゃんはもちろんですが、友人知人の赤ちゃんにもこれを着せてあげたい!とお財布の紐が緩んでしまうことってよくありませんか?それくらい、買ってあげたくなるほどベビー服は可愛いものです。

でも、ベビー服を買うときは、せっかく買ったけれども、どんどん赤ちゃんが大きくなってしまって、着れなくなってしまったということはよくあります。せっかく買ったのに、着れなくなってしまうというのは、買った方では切ないですよね。そんな問題を解消できるようにベビー服を選ぶ際の注意点を考えてみようと思います。

まずは赤ちゃんのサイズをチェックしてみる

赤ちゃんの洋服も含めて、身の回りのものを揃える場合には、成長に合わせて揃えるというのが鉄則です。と言うのは、赤ちゃんは生まれてから3歳になるくらいまでに、驚異的な成長をするからなんです。サイズ的な平均をチェックしてみましょう。

  • 生まれてから〜3ヶ月 体重:3キロ 身長:50cm サイズ:50
  • 3〜6ヶ月 体重:6キロ 身長:60cm サイズ:60
  • 6ヶ月〜1歳 体重:9キロ 身長:70cm サイズ:70
  • 1歳〜1歳半年 体重:11キロ 身長:80cm サイズ:80
  • 1歳半年〜2歳半年 体重:13キロ 身長:90cm サイズ:90
  • 2歳半年〜3歳 体重:14キロ 身長:95cm サイズ:95

こうやって見ると、体重は3年で約5倍、身長も約2倍になります。ですから、新生児の時に買ったベビー服は、3ヶ月過ぎると切れなくなってしまうことが多々あります。

できるだけ大きめのサイズを選ぶ

このように赤ちゃんの成長はとても早いので、まずは、月齢を意識するということが大事です。この場合は、まずはその月齢にあわせて、ひとつ上のサイズを用意するというのが、一般的に賢い子育てファミリーのベビー服の選び方の基本でもあります。少し大きめのベビー服であれば、長く着ることが出来ますし、そでがながければ、そこをおってあげれば、印象が変わったりしますので、おしゃれの一環として大きい服を楽しむことが出来ると思います。

赤ちゃんは、成長するほど活発になります。一方で活発になるものの、まだ自分を守るという意識は全くありませんから、事故に繋がらないように配慮する必要があります。特に気をつけたいのは、ベビー服の首周りの部分です。何かに引っかかってしまって、首がしまってしまうという危険性は常に隣り合わせですから、そういう点は注意をしましょう。