赤ちゃんが生まれると、ベビー服は絶対に必要ですし、男の子のベビー服でも女の子のベビー服でも、それぞれとても可愛いので、すぐ買ってしまいます。

一方でベビー服と言うのは、どのサイズを買っていいのかとても悩むところだと思います。特に初めての赤ちゃんだった場合はなおさらですよね。更に困るのは、ベビー服のサイズは日本国内と海外のサイズの表記が違ってきますので、ますます迷ってしまいます。また、ベビー服というのは、原則ジャストサイズのモノを着せてあげることになっています。それは、サイズがあっていないと、赤ちゃんの動きを制限してしまうことがあり、最悪の場合事故に繋がることもあるからです。

ベビー服の選び方

ベビー服の選び方については、赤ちゃんの成長がとても早いので身長や体重に合わせましょう。これはサイズの合っていないベビー服は赤ちゃんの動きを宣言してしまうからです。

一般的に赤ちゃんは約50cmの身長で生まれ、1年経つと75cmになり、体重は3倍以上になりますので、まずはその時の身長や体重をチェックして赤ちゃんにあったベビー服を選びましょう。

日本のベビー服のサイズの「50」、「60」、「70」というのは、身長に合わせて決められています。身長と体重の目安は次のとおりです。
50:身長50cm体重3〜6kg
60:身長60cm体重6〜9kg
70:身長70cm体重9〜11kg
80:身長80cm体重11〜13kg
90:身長90cm体重13kg〜

月齢で言うと
50:新生児〜3ヶ月
60:3〜6ヶ月
70:6〜12ヶ月
80:12ヶ月〜2歳
90:2歳〜
という感じになります。

サイズ別のおすすめベビー服

では具体的にはどういう洋服がおすすめか、サイズでご案内をします。
サイズ50の場合は、生まれたばかり赤ちゃんになるので、おむつをよく換えますから股下にボタン留めなどがないドレスタイプがおむつを換えるには便利です。また、赤ちゃんは自分で体温調節が出来ませんから、その点も注意をしたほうがいいでしょう。

サイズ60の場合になると、赤ちゃんも少し動くようになりますので、まずは裾がはだけないものをチェックしましょう。

サイズ70を着る頃になると、寝返りやおすわり、はいはいなど行動が活発になってきますので、赤ちゃんが動きやすいベビー服がおすすめです。

サイズ80になると、赤ちゃんも歩けるなったり、一人遊びができるようになります。汚したりしますので、ベビー服は脱がせやすいものが良いです。

サイズ90では赤ちゃんというよりも2、3歳になりますので、しっかりしてきます。ボタンの練習としてボタン服を用意しましょう。

このように赤ちゃんは成長が早いですから、月齢も大事ですが、体重や身長をきちんと把握をして、ベビー服を買うのがおすすめです。